読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのほんだな

読んだ本について、感想を自由に書いていきます。

配信せずにはいられない

小説

f:id:perfumerohan:20170222155000j:plain

『配信せずにはいられない』(文芸社文庫)

著者:山田悠介 表紙イラスト:小池ノクト

 

実は、山田悠介さんの本を読んだのはこれが初めて。

山田悠介さんの本を読もう!」というより、「なんだこの表紙!!」という気持ちが勝って、つい手にとってしまいました。

 

ストーリーは、高校2年生の坂本と橋本、そして表紙に書かれている男の子「ピザ豚まん」の3人は、レインマンズ202というサークルを作って日々動画投稿を楽しんでいた。しかし、ピザ豚まんが「もっと注目されたい、もっとリスナーを増やしたい」と過激な生放送をしだしたことから、大きな事件へと発展する・・・というストーリーです。

 

わたしは、よくニコニコ動画YouTubeを見ていて、好きな配信者の方も何人かいるので、結構楽しんで読むことができました。

たまに、「今時の高校生が“サカッチョ”なんてあだ名つけたりするかな?」とか、そういう細かい疑問はありましたが。笑

でも、「わこつ」とか、「www」とか、「生主」などの、いわゆるインターネットスラングもしっかり使われていたり、実在する有名な配信者の名前をもじったキャラクターが出てきたりなど、こういうインターネット動画界隈をテーマにするならきちんと描いてほしいところをしっかり描かれていて、面白かったです。

過激動画も、「ストッキング被って電車に乗る」や、「お地蔵さまに落書き」や、「線路に立ち入り」、「飲食店で大量に注文して食べずに出て行く」など、現実でも起きているようなものばかり。

そういうところで丁寧さが出ているので、読んでいて面白かったです。

 

ただ、いくつかよくわからないところも。

例えば、「孝平」という男の子キャラクターなのですが、この子はいったい何者なんでしょうか。

もしかしたらこの本、何かのシリーズものなのでしょうか。

だとしたら、前作なども読まなくてはいけないな、と思っています。

 

この本は、一応ジャンルとしてはホラーらしいのですが、わたし個人の意見では、あまり怖くはなかったです。

気持ちのいい終わり方ではなかったですが、面白く読めました。

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

小説

f:id:perfumerohan:20170218161858j:plain

 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(宝島社文庫

著者:七月隆文

 

ツイッターでもこの本の読了ツイートをたくさん見かけました。

映画もやっていたみたいですね。

 

この本は、ツイッターで少しずつツイートを見かけるようになった頃に、気になって購入したのですが、甘い恋愛小説に慣れていない上に恋愛経験もほとんどないわたしには少し荷が重く、いつものように積み本ボックスに収納していました。

それを、今回勇気を出して引っ張りだしてきたのですが、それには、「とあることに耐えられなくなった」という経緯があります。

何に耐えられなくなったのかというと、それは「ネタバレツイート」です。

 

読書好きなアカウントが集まった界隈では、必ずネタバレをしでかす残念な人は一定数いるのですが、この本はどうやらネタを知ってしまったら、伏線などの面白みがかなり減ってしまうタイプの本だったようで、「もうこれ以上積み本ボックスに寝かせていてもメリットはないっ!早く読んでしまって、負の連鎖を断ち切るんだ!」と考え、読む決心をしました。

 

京都の美大に通う主人公「ぼく」は、通学電車である女の子に一目惚れし、声をかけ、交際することになる。気配り上手で涙腺のもろい彼女には、ある大きな秘密が隠されていた、というストーリー。

 

前半は、主人公のナンパシーンから始まって、初々しいカップルのラブラブなシーンが多く描かれています。とにかくイチャイチャしていて、読んでいてくすぐったいような気まずいような、今すぐ本を閉じたくなるような、そんなシーンでした。(エロではありません。決してエロではありません)

後半は、主人公が彼女の秘密を知ることになり、切ないエンドに向かっていく、という感じ。

 

わたしはもう、ツイッターでこのストーリーのオチを嫌というほど脳内に刷り込まれていたので、正直、伏線が出てくるたびに「伏線だ」と気づいてしまって、なんというか、読みながらすごくしょんぼりした気持ちになりました。

初めて読む本なのに、伏線を一つも零さず回収してしまえたのはなんというか、初経験です。笑

本の帯や裏表紙のあらすじの欄に、「彼女の秘密を知ったとき、もう一度読み返したくなる」と書いてあるのですが、半ば洗脳のようにオチを脳に刷り込まれたわたしには、読み返しすら不必要でした。笑

 

少し気になったのは、文章がライトノベルみたいだなぁ、と感じさせる点。

主人公が語り部で、主人公がそんなに堅くなく、温和な性格だからなのかな。

それとも、読者が中高生女子中心だから、受け入れられやすさを狙ってのことだったのかな。

 

帯やツイートでは、「泣ける!!」「ボロボロ泣いちゃうから外出先では読めない!!」という感想がすごく目立ったのですが、残念ながらわたしは泣けませんでした・・・。

秘密を知った主人公が彼女の気持ちを知り、後悔するシーンや、最後のシーン、エピローグにはグッときましたが、ボロボロ泣くことはありませんでした。

でも、話の持っていき方や流れ方、終わらせ方がすごく、巧いなと思いました。

 

もしかしたら、ネタバレを見る前に読んでいたら、もっと深く読み込むことが出来たのかもしれないな、と思うと少し反省です。

ストレスがたまると。

雑談など

ついさっき、大学内にある本屋さんで、また2冊、新しく文庫本を迎え入れました。

 

f:id:perfumerohan:20170215154023j:plain

 

サリンジャーの『ナイン・ストーリーズ』と、ライマン・フランク・ボームの『オズの魔法使い』。

どちらも、超有名な作品ですね。

特に読みたいわけではなかったし、オズの魔法使いに至っては小さいころUSJのキッズエリアで嫌というほど楽しんだ作品。

 

特に読みたいわけではないのに、本を買ってしまう。

これは、わたしが最近よくやってしまうことです。とくに、2017年になってからは本当にしょっちゅう。

なぜ買ってしまうのか、その理由は自分でもしっかり分かっています。

原因は、ストレスです。

 

実は、このブログを開設した2月13日、意味不明な理由で就職内定先である歯科医院から歯科助手の内定見送りをされてしまいました。

意味不明な理由というのは、「正社員になってから、インフルエンザになられると怖い」というもの。

わたしは1月末~2月の始めにかけて、インフルエンザで一週間ほど寝込んだのですが、それを見た院長から、「怖いから、内定は取り止めだ」といわれてしまいました。

 

きちんとした大企業や総合病院、いくつか医院をもっている病院など、安定した職場ではあり得ない理由ですが、小さな開業医、特に歯医者さんでは、こういういわゆる「世間知らず」な院長が多いです。

 

とはいえ、わたしも短大2年生で卒業間近で、この歯科医院で頑張るぞ!と、意気込んでいました。

歯科助手は覚えることが多く、特にわたしは歯科の学校で学んだわけではないので、4月に向けて治療方法や専門用語の勉強をしていました。

それが、「インフルエンザ怖い」のひとことですべて無駄になり、進路もお先真っ暗な状態。

未来には、奨学金返済も待っています。

もちろん、無職で卒業するわけにはいかないので、今就職活動を再スタートしていますが、「よっしゃあ、気持ち切り替えて、頑張るぞー!」という気分にはなれません。

そのストレスがついさっき、本屋で爆発しました。

 

でも実は、就職活動でのストレス爆発は、今回が初めてではありません。

今回、「インフルエンザ怖い」という歯医者さんに内定が決まる以前、もう1件違う歯医者さんで内定をもらっていて、本当はそこで働く予定でした。

その歯医者さんでは、1月の始めから、インターンとしてアルバイトをしていたのですが、パワハラや使用済み器具の使いまわし、雇用契約と院長の言い分の食い違いなどでストレスがたまり、最終的に「職場で吐く」というトンデモ事件を起こし、こっちから内定を辞退することになりました。

今思えば、パワハラや新卒者を騙すような契約は許せませんが、わたしはわたしでトンデモ事件を起こした分、申し訳ないな、と思います…。笑

そのときは、合計で10冊以上は買ったんじゃないかなぁ。

 

でも、こうやって改めて自分のストレス爆発の仕方を見てみると、良かったなぁ、と思うことが2つあります。

1つは、「ストレスで大量買いしちゃう物が "本" である」ということ。

もう1つは、「読書が自分にとって一番の趣味である」ということ。

この2つの点が無かったら、本は無駄になるわお金も無駄に消費してるわで、大変なことになってたかもしれません。

両親や妹も、「本を買ってるなら」と、大目に見てくれています。笑

 

でも、このストレス爆発、ゆっくりでいいから少しずつ治していきたいです。

本を買うのは全然悪いことじゃないけれど、このストレス爆発をほったらかしにしていたら、社会人になって自立したときに困るような気がします。

それに、今の自分はただの「本屋さん依存症」なのかな、と思うと少し不安になります。

 

まぁ、それでも、しばらくは本屋さん通いもやめられないかもしれません。

本屋さんは楽しいし、今の自分の唯一の支えの場所です。

せめて就職活動が終わるまでは、本屋さんに支えてもらいながら、頑張れたらいいなと思います。

 

続きを読む

はたらく魔王さま!

ライトノベル

f:id:perfumerohan:20170214145802j:plain

はたらく魔王さま!』(電撃文庫

著者:和ヶ原聡司 イラスト:029

 

地上波でアニメ放送をしていて、毎週欠かさず視聴していた「はたらく魔王さま!」。

確かアニメを最終回まで見終わって、この作品が好きだったことを忘れたくなくて原作本を買いに本屋さんに走ったんだったかな。

その後、半分ほど読んでなぜか積み本ボックスに収納していたのを、先日引っ張り出して、きちんと読み終えました。

 

世界征服まであと少しのところで勇者に負かされてしまった魔王サタンと手下のアルシエルは、異世界である日本に飛ばされ、東京・笹塚でファストフードの店員アルバイトをして日々を食いつなぐ、というストーリー。

キャッチコピーは、「フリーター魔王さまが繰り広げる庶民派ファンタジー」だそうです。今調べて初めて知りました。

 

日常系なのか異世界バトル系なのか、どっちともつかない不思議な感覚が、読んでいて面白く、好きです。

バトルシーンもあればギャグシーンもあり、ライトノベルらしく可愛い女子高生が出てくるシーンもあります。

 

数年寝かせてから改めて読んでみると、ちょっと文章は幼いというか、完全なプロが書いたような文章ではないけど、そこがライトノベルの醍醐味というか、良さだったよなぁ、と、当時ワクワクしながらページを捲っていた、幼いころの自分を思い出しました。

 

ここ数年、ライトノベルの新刊をチェックしていないので、この作品のようなジャンルがまだ流行っているか、定番になっているかはわからないけど、当時アニメを見ていたときのわたしには、とても新鮮で楽しかったです。

 

調べてみると、今のところ全部で18巻出ているそう。

しばらくかかりそうだけど、全部読んでみるのも面白そうです。

初投稿

雑談など

はじめまして。大年寺山ろはんです。

 

普段はツイッターで、読んだ本についてひとこと読書感想文のようなものを書いたり、好きな作品について愛を叫んだりしています。

twitter.com

 

が、最近読んだ本についての記録をさぼりがちになってしまい、読書熱も少しずつ下がってきて、もうすっかり中だるみしてしまっているので、ブログを開設しました。

 

ブログは字数が決まっていないから、のびのび書けそうでいいですね。

 

できるだけたくさん更新できるようにがんばります。

よろしくお願いします。